新規お問い合わせ専用フリーダイヤル 0120-661-789 (携帯からもOK)
          

経理代行(記帳代行)、給与計算、振込代行を全国の中小企業に行います。


  株式会社バックオフィスは、経理代行(記帳代行)、給与計算、振込代行、経理指導を中小企業向けに格安で行っています。
   トップページ   資料請求   無料相談   お問い合わせ
記帳代行 給与計算 経理指導 決算駆け込み 年末調整 事務代行 会社設立


掲載記事


春を待つASP事業
狙いは大企業と小企業に両極化?出資企業の思惑も大
ソフト人脈 2003年5月10日号掲載
■ASPを事業者たちは「まだASPで黒字は出せない」と口を揃える。それまでも続けているのは、数年後、絶対にこの市場が伸びると信じ、その時先駆者となるためだ。機が熟するまでの時間、各社とも品質向上に尽くしている。

「一見無駄に見える努力」もASP普及の一手段

数年前、「低価格で最新のITが使えるサービス」として期待され、各社が乗り出したASP。しかし、「売上が伸びない」と、事業者達は頭を抱えている。その理由に、営業力不足やASPの認知度が低いことが挙げられる。
ASPは単価が低く、コストをかけた宣伝は難しい。だからといって、手をこまねいているわけにはいかない。例えばある企業にサービスする際、その感想を使ってみてはどうだろう。
健康食品の広告では、使用者による体験談が多く使われている。「効果はどんなものだろう?」と誰もが疑問を持つような場合、信頼を得るもっとも大きな手段のはずだ。
ASPという言葉ですら知られていない今、実際のユーザーの意見を使って信用を得ることが、遠回りではあるが1番効果的ではないか? そのような地道な活動はされているのか?
一見、無駄に見えるかもしれないが、失敗ばかりで地味な活動がASPを普及させるかもしれない。

■バックオフィス 代表取締役 小杉和久氏
零細企業の経理・給与をアウトソーシング

中小・零細企業をターゲットに、インターネットを利用して経理・給与を代行するのが、バックオフィス(東京都中央区)だ。その名も「前代未聞サービス」。小杉和久社長(30歳)は、「ASPを事業としてやるつもりはない。サーバを頂ければアウトソーシングができる」という理由でこのビジネスを始めた。
顧客は社員数1名〜5名までの企業だ。小規模だとデータを添付ファイルでそのままメールしてくる企業など、驚くこともあり、セキュリティの必要性を教えたりもする。ITの知識が少ない企業それぞれの身の丈に合わせたサービスを信条としている。




トップページ | 小規模企業応援キャンペーン | 会計ソフトショップ | 資料請求 | お問い合わせ | サイトマップ

【会社案内】
人材募集 | パートナー募集 | マーケティングパートナー募集 | プレスリリース | 掲載記事 | 個人情報保護方針
経営方針 | 地図 | 会社概要 | 当サイトについて | 税理士法人バックオフィス・パートナーズ | バックオフィス・パーソネル社労士事務所

【無料サービス】
無料相談 | 助成金無料診断 | 経理テンプレート | 人事テンプレート | 議事録テンプレート | 契約書テンプレート
経理用語集 | メールマガジン

Copyright(C) 2000-2011 株式会社バックオフィス All rights reserved.